スポンサーリンク

**2nd mini ALBUM HEART*IZ**

2019年4月1日IZ*ONEが帰ってきました。

待ちに待ったカムバにグローバルアカウントから

『2つのハッシュタグイベント』

『24時間でMV500万回再生プロジェクト』の決定が世界中のWIZ*ONEに向けて発信されました。

世界中のWIZ*ONEの想いが1つになったIZ*ONEのカムバをふり返ります。

目次

ワールドトレンド入りハッシュタグイベント**

ワールドトレンド入りハッシュタグイベントとは、世界中WIZ*ONE時間を指定して一斉にツイートしてワールドトレンド入りを目指そうというイベントです。

過去のイベントでは、韓国、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナムなどで各国のトレンド1位を達成しております。

そして、最近ではワールドトレンド入りを確実に出来るようになってきています

今回、IZ*ONEのカムバの為に2つのハッシュタグを決定しました。

1つ目のハッシュタグは、

『#IZONE_COMEBACK』です。

日付が変わった0:00から開始しました。

今回もやはり韓国では1番にトレンド入りして、無事にワールドトレンド入り達成‼︎

日本でもたくさんツイートしてくださいましたが、残念ながら日本のトレンド入りならずでした。

2つ目のハッシュタグ

『#IZONE_VIOLETA』です。

MVが公開された18:00から開始しました。

今回もアジアの各国がトレンド入りして、

ワールドトレンド入りも達成しました。

この時、なんと日本で『 Violeta 』『ミンジュ』がトレンド入りしたのです。

正直、元号の発表がある日でしたので、日本のトレンド入りは難しいと思っていました。

しかし、その予想を上回りなんと

日本のトレンド4位『 Violeta 』見事ランクインしました。

韓国でデビューした頃は、日本での知名度なんてほとんどなく、半年でここまで来たのだと感動しました。

何より、一緒に喜び会える日本のWIZ*ONEが増えたことが実感できた素晴らしいイベントになりました

**IZ*ONE COME BACK SHOW**

2019年4月1日に韓国で行われたカムバックショー

そして、翌日にはメンバー自らがビラ配りをして開催されたゲリラライブ

IZ*ONEが用意してくれた素敵なステージでした。

**Heart to HEART*IZ** 

2019年4月1日19:00から全世界同時放送されたカムバックショー

MnetyoutubeVLIVEなどで配信されましたが、日本のWIZ*ONEの為にVLIVEではリアルタイム翻訳もついていて、高画質でメンバーたちのパフォーマンスを見ることが出来て大満足でした。

**空の上**

水色空をイメージしたような衣装がとにかく可愛くて、メンバーの可愛らしさが全面にでたパフォーマンスでした。

この曲の高音パートがメインボーカル経験者多数のIZ*ONEの魅力を生かせていて、爽快感も加わり、振り付けもフォーメーションも可愛くてお気に入りです♪

『ひまわり』はどちらかというと『Violeta』と同じようなテイストの曲だと思うので、『空の上』を選曲したのはパフォーマンスにおいても、曲の持つイメージにおいてもとてもバランスがとれていて良かったと思います。

**好きと言わせたい**

の衣装で披露。日本とは違い“フル”歌唱になると、座った状態でのダンスパフォーマンスがあり、こんな見せ場があったのに日本の歌番組で披露できなかったのが残念に思えるほどかっこ良かったです。

また、『好きと言わせたい』は韓国のWIZ*ONEにはあまり受け入れられていないと思っていたのに、会場からの“コール”が大きくてしっかりと聞こえてきて感動しました。

Twitterでも韓国のWIZ*ONEが『好きと言わせたい』をライブで聞くと、とても盛り上がる良い曲だと多数コメントを見かけて嬉しかったです。

**La Vie en Rose**

改めていい曲だと思わざるおえませんでした。メンバー一人一人の表現力や振り付けの繊細さにダイナミックさ、フォーメーションの美しさがやはり何度見ても“美しい”の一言でした。

『好きと言わせたい』の後に披露されたことでよりいっそう『IZ*ONEHはこういうグループ』だという一貫性がみてとれてとても良かったです。

どんな歌を歌っても、12人でしか表現できない12人だからこそ表現できるものがあるのは『グループの色』が確立してきた証拠だと思います。

**Really Like You**

今回のカムバックショーで一番驚いたのは『Really Like You』のパフォーマンスです。

ミンジュちゃんとカンへウォンちゃんの2人がギターの弾き語りを披露したのです。

ミンジュちゃんはデビュー前にギターを弾いている映像をたくさん公開していたので、今回IZ*ONEでも作詞に携わるだけでなく、ギターでも活躍できて良かったです。

カンへウォンちゃんは西野かなさんの『トリセツ』を弾き語りしているのがとても魅力的で好きだったので、こうしてまた弾き語りしている姿を見ることができてとても嬉しかったです。

**Violeta**

ダンスパフォーマンスをフルで見て、まず最初に思ったのは『ダソムさんの振り付けだ!』ということです。

ダソムさんとは『La Vie en Rose』の振付師をされていた方です。

韓国でのカムバでは是非担当して欲しいとずっと思っていたので、とても嬉しかったです。

『La Vie en Rose』では“バラ”が咲き誇るイメージを見事に表現されていましたが、今回は“ツバメ”が低空飛行する時の軌道や素早い動きカル群舞で見頃にシンクロさせ、前回と同じように手の振り付けで『スミレ』を表現するなど、スピード感繊細さ、そして力強さが加わりより進化を遂げたIZ*ONEの姿をみることができました。

また、今回ラップパートカンへウォンちゃんとミンジュちゃんの2人ペアが担当。ギターの弾き語りに続いて今回のカムバで大活躍ですね♪

カンへウォンちゃんは『清純派ラッパー』再びという喜びもありましたが、ミンジュちゃんにはひたすら驚きました。

MVの考察から重要人物とは感じていましたがまさかまさかのサプライズでした。

  
**韓国でのゲリラライブ**

翌日の2019年4月2日にメンバーたちが自らビラ配りをして、初めてのゲリラライブサプライズで開催されました。

メンバーが気さくにWIZ*ONEと交流しながらビラを配っている様子が、Twitterでたくさん見られて現地のWIZ*ONEの喜びが伝わってきました。

中には一緒に写真撮影をしていたりや携帯のムービーに一緒に映っていたりと、ファンとの距離も近かったにも関わらず特に何も問題が起きなかったのは、WIZ*ONEのマナーも守れていてしっかりと配慮もされていた証ですね。

IZ*ONEが安心してこれからもファンサービスをしていけるように、これからも応援していけるWIZ*ONEで在り続けたいです。

ステージに登場したメンバーには『アイマスク』がつけられていて、会場の様子が見えないようになっていました。メンバーは自分たちがビラ配りしてどれだけの人が集まってくれたのかわからない状態で、ステージの中央に誘導されていきます。

そのままMCとのトークが進み、会場の期待が高まってきた頃にメンバーたちのアイマスクを外す合図がありました。

ずっと暗闇だった視界には会場に集まったWIZ*ONEの姿。

メンバーの表情は驚き喜びのが入り交じっていて、涙をこらえて瞳に涙をいっぱいにためながら笑顔感謝を伝えるメンバー、お互いの顔を見て思わず抱き合い涙を流すメンバー、自分たちの為にこんなに集まってくれるようになったのだと幸せに満ち溢れた感情など、一瞬にたくさんの感情があふれていました

メンバーはビラ配りをする中で、自分たちのことを知らない人がまだまだたくさんいることを体感していただけに、これだけの人が集まってくれたことに普段涙を見せないなこちゃんやチェウォンちゃんまで涙を流していました。

IZ*ONEを応援してくれているWIZ*ONEの為に、もっとたくさんの人に知ってもらう為に、自分たちに出来ることを精一杯全力で頑張ろうという決意あふれるステージでした。

 
【目標】24時間で500万回再生**

日本ではそれほどMVの再生回数は注目されていませんが、韓国ではMVの再生回数が日本とは桁違いです。

新曲が出る度に新記録が更新されていて、『La Vie en Rose』の記録もすでに更新されてしまっています。

私は『 Violeta 』のMVをみて、の曲こそ『La Vie en Rose』をこえるのにふさわしい曲だと思いました

Twitterにも絶賛の声が溢れていて、とても嬉しかったです。

@mint12oneのアカウントでは、いつも世界のWIZ*ONEからの情報を日本のWIZ*ONEに伝えているのですが、今回は『いいね 310』『リツイート 201』と、更に嬉しかったのは初めての方からコメントを頂けたことです。

日本のWIZ*ONEの皆様に発信してばかりだったので、反応が返ってきたことがとても嬉しくて、IZ*ONEを応援していて良かったと改めて感じまし

これからも、IZ*ONEを好きになってくれる人が増えてWIZ*ONEの繋がりが日本でも強くなってくれたら良いなと思います。

これからも世界のWIZ*ONEの活動やイベントを紹介していきますので、少しでも興味を持ってくださったら嬉しいです

500万回チャレンジの結果**

 MVの公開から3時間100万回再生を突破順調なスタートを切った500万回再生チャレンジ

混雑時にはカウントがストップしたり、不正な再生を無効にする処理がYouTube側で行われていて、一気に3万回再生ほど減ることがたびたびありました。

それでも、着々と再生回数は増えていき、6時間経過した時点で200万回再生を突破

日が昇り開始から15時間経過した頃には360万回再生になっていました。

残り5時間の時点で400万回再生を突破して、急上昇ランキング5位に入っていました。

とても理想的な状況で、500万回再生到達できると思っていました。

 しかし、ここでIZ*ONEがゲリラライブを開催することがわかります。

WIZ*ONEの大部分を占める韓国のWIZ*ONEがMV再生から離れてしまったせいか、一気に速度低下、450万回に差し掛かった頃からほとんど再生回数が増えない状況になってしまいました。

何とか24時間以内に500万回再生を達成しようと、各国で呼びかけが行われていましたが、24時間経過した時点で『474万回再生』という結果に終わってしまいました

『474万回再生』もとてもすごい数字です。

こんなにもたくさん見ていただけで、たくさん声をかけてくださったり、協力してくださった1回1回が集まった474万回という数字

こんなにもたくさんの想いが集まりました。

本当にありがとうございました

 

『1人で何回も再生するMVの再生回数に何の意味があるのか』

きっとそれは数字でしかなくて

WIZ*ONEの数を表しているわけでもなくて

再生回数の不正疑惑の中

人気を証明できるものでもない

それでも

『IZ*ONEに感謝を届けたい』

『IZ*ONEに恩返しをしたい』

『IZ*ONEの為に何かをしたい』

YouTubeでMVが公開されて

“目”で見える形で

この気持ちを“数字にできる”

意味はなくても、想いは届くと思うのです༚˚·° ஐ。✼︎

1000万回再生への道**

しかし、ここからがWIZ*ONEのすごいところです。

25時間以内に500万回再生を突破し、それからも再生回数が失速するどころか加速して、韓国ではカムバックステージの動画とMVが急上昇ランキングの1位と2位に並びました。

日本でも1位の新年号発表動画の次に並んで、2位と3位にランクインしました。

24時間で500万回再生を達成できなかったWIZ*ONEの想いは一緒だったのです。

500万回再生を目指していた時よりも一体感を感じました。

そして、MV公開から3日目『1000万回再生』を達成しました✩︎⡱

『La Vie en Rose』MVの4日目の記録より1日早く1000万回再生に到達することが出来ました。私は『Violeta』こそ『La Vie en Rose』を超えるべき曲だと思っていたので、本当に嬉しかったです。

 

再生回数チャレンジとは**

知名度を上げるのはとても難しいです。

どんなに素晴らしいグループでも、

知ってもらわないと、認識してもらわないと評価すらしてもらえない

ニュースに取り上げてもらうにはどうすればいいか、注目を浴びていることを証明するにはどうすればいいか。

それは言葉でいくら伝えても大衆の心に響かせるのは難しい

だけど、『数字』にすることで、想いが形になる

注目度『数字』が示してくれる『数字』がニュースの見出しになる

例え無駄だと思えても、意味がないと言われても、『数字』がIZ*ONEを知ってもらう為に必要ならば、

WIZ*ONE『1』をいくらでも集めて、『1』の想い『100』『10000』増やしていくことに、全力を注いでいきたいと思う

過去からの数字が、いつか未来の彼女たちの自信に繋がると信じています

  

**mint**

4月1日の韓国でのカムバはIZ*ONEとWIZ*ONEにとって最高の日になりました✩︎⡱

IZ*ONEのメンバー、この日の為に一生懸命練習して頑張ってくれてありがとう♡︎

素晴らしいアルバムに携わってくださった皆様、本当にありがとうございました!!

カムバックショーやゲリラライブは、韓国のWIZ*ONEと直接カムバックしたことの喜びを分かち合えた素敵なイベントだったと思います✩︎⡱

急遽集まってくださった現地のWIZ*ONEの皆様、本当にありがとうございました。

これからもIZ*ONEとWIZ*ONEの距離を保っていけたらいいなと思います。

イベントに携わってくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

私がMVの考察をしているのは、たくさんの人に見てもらいたい、知ってもらいたいと思うからです。

チャレンジ中に1回でも再生してくださった皆様、本当にありがとうございました♡︎

MVはIZ*ONEが解散してもずっと残り続けます。

私はIZ*ONEを伝説に残るアイドルグループにしたいのです。

だからこそ、これが終わりではなく1億回再生まで『1』を積み重ねていきます。

過去の願いを未来に届ける為に、これからもMVを見てもらえたら嬉しいです✩︎⡱

スポンサーリンク
おすすめの記事